説得力・説明力を身につけ、向上させる方法について

説得力のある話術を身につけるには

スポンサーリンク

巧みな話術を操れる人がいます。
商談の合間の世間話をしている間も、相手の関心を捉えて離しません。
また、大勢の社員を前にして訓示を述べるときにも、社員が眠くならない話が出来る人もいます。
では、このように巧みでなおかつ説得力のある話術を、どのようにしたら身につけることができるのでしょうか。
カギとなるのは、自分が話す内容への深い理解です。
人前で話をする際には、原稿を準備することになるでしょう。
原稿を作ること自体は、質の良い話をするために欠かせないことです。
しかし、話をするときには原稿は妨げとなることがあります。
それは、なぜでしょうか。
自分が事前に準備した言葉どおりに話そうとするあまり、言葉の勢いが殺されてしまうからです。

スポンサーリンク

それで、原稿を作ったならば、そこからさらに時間を費やして準備するべきものがあります。
それは、箇条書きにした話のあらすじです。
原稿は一字一句すべてを書いてあるのに対し、あらすじは主要な考えのみを簡潔に記しています。
このあらすじを使って話をすることで、生き生きとした話をすることができます。
それは、言葉そのものよりも、話の内容そのものに考えを集中しているからです。
それで、説得力のある話術を巧みに操ろうと思う場合、自分が話す内容をきちんと理解していることが不可欠です。
話すべき内容がきちんと頭に入っていれば、原稿に書かれている表現といくらか違う言い回しになっても気になりません。
むしろ、その時口から出てきた自然な言葉を使うことができるので、聞いている人の心に響くのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加